雑記雑多

いろいろ雑に書きます。

【デュエプレ】第8弾EX SR解説

 

f:id:Quasar_2674:20210415100949j:image

おはこんばんにちは。クーです。前回に引き続きカードパック第8弾EX「覇竜咆哮」新カード解説。今回はSR編です。予想以上にクセの強いメンツが揃っているので正直評価のしにくい部分はありましたが、良かったらお付き合い下さい。

 

 

 

《驚天の超人》

f:id:Quasar_2674:20210415100301j:image

評価:★★☆☆☆

cip(出た時効果)で相手の手札から最もコストの高い2体のクリーチャーを出させるデメリット効果を持っています。

f:id:Quasar_2674:20210415101921j:image

左上の数字に驚いた人も多いと思います。非進化3コストのパワー13000・Tブレイカはデュエプレ内ではぶっちぎりのオーバースタッツであり、それ故デメリットも相応の重さになっています。

f:id:Quasar_2674:20210416113306j:image

効果判明時点でよく言われていたのが「エリクシア出されたらきつくね」という意見。

f:id:Quasar_2674:20210415102806j:image

これに関してなんですが、現在《剛撃聖霊エリクシア》を採用している筆頭のデッキ「ゲオルグ天門」はまず《霊騎幻獣ウルコス》の3ターン着地を目指すために同じ色を持つ《エリクシア》を序盤にマナ埋めしやすい、という点があります。

f:id:Quasar_2674:20210419112558j:image

そもそも天門というデッキ自体どうしても多色が多くなりやすいので、ゲーム前半にプレイできない高コストの多色カードはマナに埋めることが多いです。New Divisionからは間もなくスタン落ちすることも踏まえ、《エリクシア》が出てくることはそこまで多くなさそうです。……勿論、この《驚天の超人》を採用したデッキが環境で猛威を振るうような展開になった場合はその限りではないですが。

f:id:Quasar_2674:20210415103258j:image

緑の3コストということで、《運命の選択》によりSA化してデッキから投げることが可能です。赤緑を含む速攻ではサブプランとしての採用が視野に入りますね。

f:id:Quasar_2674:20210415103906j:plain
f:id:Quasar_2674:20210413234759j:plain

個人的に厳しいと思うのは《クリスタル・ツヴァイランサー》や《超神星アポロヌス・ドラゲリオン》等を切り札に据えるデッキの対面です。手札の小型を2体出されてこれらのクリーチャーの召喚条件を早期にクリアされてしまい、返しに《驚天の超人》自身が殴られる、もしくは横並びしたクリーチャーに一斉攻撃されてゲームエンド……という展開は想像に難くありません。

こういった点から環境での活躍は厳しそうかな?と考えました。ただロマンはあるので使ってて楽しそうな1枚ですね。

 

 

《霊王機トリファリオン》

f:id:Quasar_2674:20210415124225j:image

評価:★★★★☆

cipでデッキトップ3枚をめくり、その中から5コスト以下のアークセラフィム・グレートメカオー・グランドデビルを1体ずつ踏み倒す効果を持ちます。

f:id:Quasar_2674:20210415124908j:image

元ネタはこの方。本家と異なる「トリファリオン」という名前ですが、

  • 青白緑 → トリーヴァ ( treva )
  • 3体出す → トリプル ( triple )

とかかってたりするのかな?とか考えたりしてました。

f:id:Quasar_2674:20210415102806j:plain
f:id:Quasar_2674:20210416130418j:plain
f:id:Quasar_2674:20210416130428j:plain

こいつ1体から最大3体のクリーチャーを踏み倒すことができるため、流石SRといったポテンシャルを持っています。みんな大好き《ウルコス》は勿論、《霊騎ラビリオニクス》で横展開をしたり、《装甲支援ガトリンガー》でドローを加速したりと、自身の効果で呼び出したクリーチャーの効果で更なるアドバンテージを得ることができるので…………すごいことになりますね (小並

ただ難しいことに肝心の踏み倒し効果が不確定であるため、上振れ・下振れの概念がどうしても存在します。

f:id:Quasar_2674:20210415141316j:image

ST (シールド・トリガー) の例が分かりやすいですが、STが4枚しか積まれていなくても出る時は出ますし、16枚積んでても出ない時は出ません。デュエマあるあるですね。その点は留意する必要があります。

f:id:Quasar_2674:20210416130409j:plain
f:id:Quasar_2674:20210416130400j:plain
f:id:Quasar_2674:20210413234740j:plain

一番の問題はデッキの組み方で、こいつの効果で出したウィニーを素材に進化GVの召喚を狙う場合「別にこれ使う必要なくね?」という問題が発生します。6マナも払ってこいつを出す頃には、従来の超神星をフィニッシャーに据えるデッキはとっくにGVして殴りに来てるんですよ。

f:id:Quasar_2674:20210415141351j:plain
f:id:Quasar_2674:20210416131439j:plain

白を含むブロッカーであるため《ヘブンズ・ゲート》を採用したデッキでの投入が現実的でしょうか?《聖帝エルサル・バルティス》という強力なアタッカーも実装されるので「アークセラフィム天門」という新たなデッキタイプが流行りそうな予感はします。

デッキコンセプトや《トリファリオン》の効果で呼び出せるクリーチャーの枚数など、構築難易度が非常に高いカードになりそうです。賛否両論ありますが自分は現状強い寄りで見てるので、期待を込めて星4つとしました。

 

 

《キング・レムリア》

f:id:Quasar_2674:20210416113935j:image

評価:★★★☆☆

cipで相手のタップされていないクリーチャーを全てバウンスする、自分のクリーチャー全てにアンブロッカブル効果を付与するTブレイカーです。

f:id:Quasar_2674:20210416114459j:image

誰も予想することはできなかったであろう超大型クリーチャーが来ました。《驚天の超人》といい、今回のEXパックは開発側の遊び心が感じられて良いですね。

f:id:Quasar_2674:20210416125907j:plain
f:id:Quasar_2674:20210416125919j:plain

現実的な召喚方法はやはりこの2つになるでしょうか。特に《インビンシブル・テクノロジー》を切り札とする「青単テクノロジー」というデッキは8弾環境から一定数のシェアがあり、採用が検討できます。

f:id:Quasar_2674:20210415141351j:plain
f:id:Quasar_2674:20210416113306j:plain
f:id:Quasar_2674:20210416125935j:plain

全バウンスに加えてブロックされない効果は恐らく天門対面を意識してのデザインだと思われます。盾を剥がしに行く詰めの段階で出せれば《ヘブンズ・ゲート》がトリガーして《エリクシア》等が出ようとも無視して顔面パンチができます。

f:id:Quasar_2674:20210416125952j:plain
f:id:Quasar_2674:20210415103906j:plain

ただネックなのが同じ役割を持ったカードが既に「青単テクノロジー」に採用されている点。アンタップクリーチャーのバウンスは《電脳海王ネオングライド》が、アンブロッカブルは言わずと知れた《ツヴァイランサー》が存在します。これらのカードと出しやすさや汎用性の面で比較するとどうしても劣ってしまいます。

f:id:Quasar_2674:20210416130003j:plain

一応14マナのカードなので《テクノロジー》と一緒に手札に抱えていれば《解体人形ジェニー》の効果から《テクノロジー》を守ることができます。

盤面処理能力と突破力はトップクラスなので上手く噛み合えば面白いかもしれません。

 

 

《光神龍スペル・デル・フィン》

f:id:Quasar_2674:20210419122919j:image

評価:★★★★★

常在効果で相手の呪文を封じ、相手の手札1枚につきパワーを2000上げる効果を持っています。

相手の呪文の発動を一切禁ずる圧倒的な制圧力は、初収録から約15年経った今でも紙の現代デュエマで通用するスペックです。

f:id:Quasar_2674:20210419190803j:plain
f:id:Quasar_2674:20210419151753j:plain
f:id:Quasar_2674:20210414150843j:plain

過去環境で《聖霊アルカディアス》を使ったことのあるユーザーなら強さがよく分かると思いますが、現行のデュエプレ内のカードプールでは除去を呪文に頼りがちな面があり、その呪文を封じるクリーチャーというのは非常に場持ちが良く重宝します。あーばよ!この動き、見切れるかァ!?

f:id:Quasar_2674:20210308215641p:plain
f:id:Quasar_2674:20210308215718p:plain
f:id:Quasar_2674:20210308215719p:plain

その《アルカディアス》とは異なり現在猛威を振るっている白のトリガーも使えなくすることができるので、詰めのフィニッシャーとしてはこれ以上にない性能を誇ります。

f:id:Quasar_2674:20210419152047j:plain
f:id:Quasar_2674:20210419152056j:plain
f:id:Quasar_2674:20210419114848j:plain

龍仙ロマネスク》を軸にした「リースドラゴン」での採用は検討できますが、《超竜ヴァルキリアス》から踏み倒す場合《ボルメテウス・サファイア・ドラゴン》で素直に盾3枚焼いた方が強くね?という疑問が残るので考えものですね……。

f:id:Quasar_2674:20210308215719p:plain
f:id:Quasar_2674:20210331113956j:plain

現実的な就職先としてはやはり「ゲオルグ天門」でしょうか?《超鎧亜キングダム・ゲオルグ》による盤面制圧の後に着地できればほぼチェックメイトとなります。

f:id:Quasar_2674:20210415103906j:plain
f:id:Quasar_2674:20210416130409j:plain
f:id:Quasar_2674:20210414103416j:plain

現在はビートダウンが中心のメタゲームが展開されているため使えるデッキが絞られるかもしれませんが、将来性の塊みたいなカードなので持ってて絶対損はない1枚と言えます。

 

 

《覇竜凰ドルザバード》

f:id:Quasar_2674:20210419113020j:image

評価:★★★★★

ティラノドレイク1体を素材とする進化クリーチャーで、cipでの1ブレイク効果とブレイクした盾のトリガーを封じる効果を持っています。

f:id:Quasar_2674:20210419114443j:image

KAKKEEEEEEEEEEEEEEEEEEEE!!!!!!!

紙の頃から大好きでしたがやっぱイイですねー!!ティラノドレイクの中でも屈指のイラストアドです!

f:id:Quasar_2674:20210419114848j:image

効果に関しても、トリガー発動不可の即時3打点が弱い訳ないということを証明している方がいらっしゃいます。ティラノドレイク待望のフィニッシャーとして申し分ない働きをしてくれるでしょう。

f:id:Quasar_2674:20210419152359j:plain
f:id:Quasar_2674:20210419190833j:plain

緑を積まない限りは4ターン目の召喚がほぼ無理なので、《竜音のキラ》《炎霊甲蟲ジャンガルジャン》等のコスト軽減による5ターン着地、対面がノーガードであればその時点でのリーサルを狙うのが理想パターンになると思われます。

f:id:Quasar_2674:20210419152413j:plain
f:id:Quasar_2674:20210413221012j:plain
f:id:Quasar_2674:20210419120938j:plain

実装が決定している《ボーンブレイド・ドラグーン》の存在も大きく、OCG版と比較して1コスト下がったことにより《ドルザバード》の前座として横展開を行うことができます。《竜音のゼクス》等と絡めて打点を伸ばし、5〜6ターン目の決着を目指したい所ですね。

f:id:Quasar_2674:20210419152621j:plain
f:id:Quasar_2674:20210413221104j:plain
f:id:Quasar_2674:20210419152630j:plain

早期着地の《キラ・ゼクス・ドラグーン》、盤面処理の《超竜騎神ボルガウルジャック》、突破力の《ドルザバード》。役者が揃ったティラノドレイクも次期環境での活躍が期待できそうです。

 

 

 

f:id:Quasar_2674:20210419154333j:image 

いかがだったでしょうか?VRは手堅い性能をしたクリーチャーが多かった印象ですが、SRはそれらと比べるとハジけてる奴が多かったですね。今弾で大きく強化されたグランドデビル・アークセラフィム・ティラノドレイクが環境にどのような影響を与えるのか楽しみです。

ではまた次回の記事で!|ω゚)ノシ

 

 

 

【デュエプレ】第8弾EX VR解説

f:id:Quasar_2674:20210414112613j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 



f:id:Quasar_2674:20210413235711j:image

ドーーーーーン!!!

f:id:Quasar_2674:20210413235724j:image

バーーーーーン!!!

f:id:Quasar_2674:20210413235736j:image

ドドドーーーーーーーン!!!!!

 


f:id:Quasar_2674:20210413235811j:image

「フフフ・・・ついに私の出番か・・・!」

f:id:Quasar_2674:20210413235736j:image

「あれ?プルートくんこんな所でどしたん?」

f:id:Quasar_2674:20210414000018j:image

「え?あっ、アポロ先輩。え、ここがデュエプレ実装決定メンバーの待機列だって聞いたんですけど・・・」

f:id:Quasar_2674:20210413235736j:image

「あー。ごめんね、ここはSRカードの列なんだよー。」

f:id:Quasar_2674:20210414000018j:image

「えっ・・・?」

f:id:Quasar_2674:20210413235736j:image

「残念ながら・・・デュエプレ版の君は、SRの実装じゃない」

f:id:Quasar_2674:20210414000018j:image

「そんな・・・そんな!嘘だ!!アポロ先輩もヴィーナス先輩もマーキュリー先輩も!みんな紙と同じSRでの実装なのに!!」

f:id:Quasar_2674:20210413235736j:image

「ごめんねー。開発側も枠の都合とかやむを得ない事情があってさ。ほら、今回の闇のSRはドルザバード君を予定してるから・・・」

f:id:Quasar_2674:20210414000018j:image

「嫌だ!!俺もSRで出たい!!イラストの枠を飛び出して超神星としての圧倒的な風格をファンの皆に見せてやりたいんだ!!!」

f:id:Quasar_2674:20210413235736j:image

「こればっかりはどうしようもできないから・・・本当にごめんね」

f:id:Quasar_2674:20210414001417j:image

f:id:Quasar_2674:20210414002343j:image

かわいそう。

 

 

 

 


f:id:Quasar_2674:20210413220955j:image

おはこんばんちは。クーです。今回はついにPVが公開され、実装カード情報も明かされ始めた第8弾EXカードパック「覇竜咆哮」のVRカード解説記事になります。

各カードの評価ですが、以前に取り上げた第8弾の解説記事同様に「環境で活躍できるかどうか」の観点で★の数の5段階で評価していきたいと思います。あくまで個人的な評価なので参考程度にお願いしますね。

 

 

 

 

 

《キラ・ゼクス・ドラグーン》

f:id:Quasar_2674:20210413112747j:image

評価:★★★☆☆

  • 自ターン開始時《竜音》と名のつくクリーチャーが存在しない場合に、2枚のセルフランデスの後デッキから《竜音》クリーチャーを呼び出す効果
  • 《竜音》クリーチャーが存在する場合にSAを得る効果

この2つの効果を持っています。

f:id:Quasar_2674:20210413120015j:image

《竜音のキラ》の2コスト軽減により4ターン目の召喚が可能ではありますが、《竜音のキラ》と《キラ・ゼクス・ドラグーン》の両方を初手に抱えている必要があるため要求値はちょっと高めかな?と思います。

f:id:Quasar_2674:20210413120036j:image

《竜音のゼクス》がcipの墓地肥やし効果を持っているので、初動安定化&墓地肥やしの役割で《エマージェンシー・タイフーン》等を採用して墓地を利用する戦術を絡めたクローシス(赤青黒)型も面白いかもしれません。

f:id:Quasar_2674:20210413221012j:plain
f:id:Quasar_2674:20210413221020j:plain
f:id:Quasar_2674:20210413221032j:plain

要求札は多いですが《竜音のゼクス》→《ボーンおどり・チャージャー》等 →《キラ・ゼクス・ドラグーン》の流れでも4ターン着地が可能です。墓地のリソースをうまく活かしたいですね。

f:id:Quasar_2674:20210413221104j:plain
f:id:Quasar_2674:20210413221129j:plain

《超竜騎神ボルガウルジャック》の上を取ることができ、《超鎧亜キングダム・ゲオルグ》と相打ちになれる9000というパワーラインは魅力ですが、デッキの構築難易度が高そうなのでプレイヤー側のセンスが問われる1枚と言えます。

 

 

《魔皇アスティマート》

f:id:Quasar_2674:20210413121640j:image

評価:★★★★★

cipで相手クリーチャー1体をバウンスし、自身の手札を全てデッキに戻して1枚多く引き直す効果を持ちます。後半の効果は単純に1枚アドなので優秀ですね。ラプターフィッシュくん見てるー?

f:id:Quasar_2674:20210413221145j:plain
f:id:Quasar_2674:20210414150357j:plain
f:id:Quasar_2674:20210402205110j:plain

前半の効果は後に進化元になるウィニー等を手札に戻し、相手の行動をワンテンポ遅らせることができるのでビートダウン対面で特に重宝します。

f:id:Quasar_2674:20210413221156j:plain
f:id:Quasar_2674:20210413221205j:plain

《スパイラル・スライダー》や《クリスタル・パラディン》のようにバウンス対象は問わないので《剛撃精霊エリクシア》や《幻想妖精カチュア》等なんでも吹き飛ばすことができ、序盤から終盤まで隙のない活躍を見せてくれるでしょう。

f:id:Quasar_2674:20210413125204j:image

同弾でグランドデビル待望の1コストクリーチャーが実装されるので、こいつと合わせて4マナで進化速攻を仕掛けられるのも大きいですね。4コスで即時1打点+1バウンスは非常に奇襲性能が高く、対面からすればかなりの脅威になりそうです。ちなみにウェバリスの評価は★★★★★★ぐらいです。

 

 

《超神星プルート・デスブリンガー》

f:id:Quasar_2674:20210413132758j:image

評価:★★☆☆☆

デスパペット・グランドデビル・ティラノドレイク3体を素材とする進化GV獣で、攻撃時メテオバーン効果で相手クリーチャー1体を破壊します。

f:id:Quasar_2674:20210414102755j:image

 

真面目な話をすると《超神星ネプチューン・シュトローム》と比べてコストが2低く、シンパシー効果も合わせ1、2マナでの着地が容易であるため差別化はできます。

ただ脳死で「とりぷるぶれいく〜 (゚∀。) 」をしてしまうとトリガーによる除去で自身を含めた4枚分のアドバンテージを失ってしまうのでリスクが大きいです。攻めというよりは受けや最後の詰めで使うイメージですかね。

f:id:Quasar_2674:20210414103416j:image

《独裁者ケンジ・パンダネルラ将軍》による攻撃の返しに出せれば、効果で出てきたドリームメイトをメテオバーンで破壊しながら《パンダ》本体を殴りに行けるため有利な展開に持ち込めます。

決して役割がない訳ではないですが、他のVRと比較すると多少見劣りするかな・・・という印象なので星2つとしました。

 

 

《聖帝エルサル・バルティス》

f:id:Quasar_2674:20210414103929j:image

評価:★★★★★

アークセラフィムの進化で、相手がトリガーを発動した時にデッキからトリガー呪文1枚を唱えることができます。

f:id:Quasar_2674:20210414104218j:plain
f:id:Quasar_2674:20210414150436j:plain

OCG版と比較してコストが1下がったことがかなり大きく、《霊騎幻獣ウルコス》《秘精甲蟲メタルバグ》から綺麗に繋がるようになりました。

f:id:Quasar_2674:20210414150843j:plain
f:id:Quasar_2674:20210414150834j:plain
f:id:Quasar_2674:20210308215718p:plain

効果も強力で、たとえ《デーモン・ハンド》がトリガーして自身が破壊されてもデッキから状況に応じたトリガー呪文を唱えてアドバンテージを稼ぐことができるので安心して殴りに行けます。

f:id:Quasar_2674:20210308215719p:plain
f:id:Quasar_2674:20210308220526j:plain
f:id:Quasar_2674:20210414151249j:plain

特に《ヘブンズ・ゲート》で《連珠の精霊アガピトス》等の後続を並べられれば、相手はどうしても受けの展開に回らざるを得なくなるので非常に強烈です。《血風聖霊ザーディア》の破壊効果も自ターンなのでしっかり使えます。

f:id:Quasar_2674:20210414150510j:plain
f:id:Quasar_2674:20210414150502j:plain

7000というパワーラインも優秀で、《ザーディア》や《アガピトス》と違い《火炎流星弾》や《コメット・チャージャー》で破壊されないのも大きいですね。

個人的にはSRでいいんじゃね?ってぐらいの強カードだと思います。

 

 

《聖帝ソルダリオス》

f:id:Quasar_2674:20210416211616j:image

評価:★★★★☆

アークセラフィムの進化で、攻撃時にマナから非進化のアークセラフィム・ビーストフォーク1体を踏み倒し、1マナブーストを行います。

f:id:Quasar_2674:20210414103416j:plain
f:id:Quasar_2674:20210416214707j:plain

《パンダネルラ将軍》《魔皇グレンベルク》等と同じようにアタックトリガーで後続を呼べる、アークセラフィムの進化アタッカーです。2体との差別点は1マナ重くなった分、マナから拾うため呼び出すクリーチャーをある程度選べる所にあります。

f:id:Quasar_2674:20210416213105j:image

同じ日にアークセラフィムの大型クリーチャー《霊騎ラディア》の実装が決定しました。恐らくこいつをマナから踏み倒すのがデザイナーズコンボなんでしょうね。

f:id:Quasar_2674:20210416214731j:plain
f:id:Quasar_2674:20210416214746j:plain
f:id:Quasar_2674:20210416214758j:plain

他の有力な踏み倒し先としては《霊騎ラビリオニクス》《聖霊提督セフィア・パルテノン》、SRでの実装が決定している《霊王機トリファリオン》等が挙げられるでしょうか。ビーストフォークも対象なので変わり種でいくと《霊翼の宝アルバトロス》なんかも出せちゃったり。

f:id:Quasar_2674:20210416214840j:plain
f:id:Quasar_2674:20210416214852j:plain

個人的には先述の進化クリーチャーと比較し、1マナ重い点がどれぐらい響いてくるのかが気になります。《フェアリー・ライフ》→《霊騎プリウスライザ》→《ソルダリオス》と繋げられれば4ターン目の着地が可能ではありますが、手札の要求値は高いです。呼び出せるクリーチャーは強力なものが多いため、対面の準備が整う前に進化までこぎつけられれば一気に主導権を握れそうですね。

 

 

 


f:id:Quasar_2674:20210414131414j:image

いかがだったでしょうか?通常弾と比べ収録枚数が少ないからか、VRでも全体的なカードパワーが高い傾向にあるなーと思いました。次回はSR解説になる予定です、お楽しみに|ω゚)ノシ

 

【デュエプレ】実装して欲しいカード7選

f:id:Quasar_2674:20210330235907j:image

 

 

 

懐かしく思う方も多いんじゃないでしょうか。これはデュエル・マスターズの記念すべき第1弾カードパックのイラストな訳ですが、
f:id:Quasar_2674:20210331001214j:image

f:id:Quasar_2674:20210331200112j:image

f:id:Quasar_2674:20210331002330j:plain
f:id:Quasar_2674:20210331195245j:plain

手札クソ弱いくせにドヤ顔でカメラ目線キメてる勝舞くんが結構ツボです。

 

 

 

f:id:Quasar_2674:20210331103320j:image

おはこんばんちは。クーです。今回は「デュエプレに実装して欲しいカード7選」と題しまして、OCG版デュエル・マスターズ……いわゆる紙のデュエマで未実装のカードの中から「こいつデュエプレに来たら面白いんじゃね?」ってカードを個人的に選んでみました。小学生時代にノースリーブで輪ゴムにまとめたデッキを握りしめて公園に駆け込んでいたタイプの人達は見覚えのあるカードがあるかもしれませんよ。

 

 

 

 

1.《エメラル》

f:id:Quasar_2674:20210331105922j:image

紙を触っていた人なら知ってる方も多いであろう有名なカードですね。出た時に手札と盾のカードを入れ替える効果を持ちます。

初手に来てしまった高コストのST(シールド・トリガー)を盾に埋めることができるので、手札事故の回避と受けの強化を同時にこなせる優秀なウィニーです。

f:id:Quasar_2674:20210331203012j:image

また相手側は何を盾に仕込まれたのかは勿論わからないので、ある程度予測した上で慎重にそのシールドを割る必要があります。こういった駆け引きも生まれるので個人的に好きな1枚ですね。

 

2.《ギガボルバ》

f:id:Quasar_2674:20210331111507j:image
場に存在する限り、お互いに光文明のSTを発動できなくなります。

以前の記事でも取り上げましたが、現在のデュエプレは白のトリガーが非常に大きな影響力を持っています。

f:id:Quasar_2674:20210308215641p:plain
f:id:Quasar_2674:20210308215718p:plain
f:id:Quasar_2674:20210308215719p:plain

これらを全て封じ込めつつ盾を割りに行けるようになるので、こういったカードはメタゲームの中で面白い立ち位置に落ち着くのではないかと。

 

3.《ハイドロ・ハリケーン

f:id:Quasar_2674:20210331112524j:image

自分の場の闇のクリーチャーの数だけ相手のクリーチャーをバウンスし、光のクリーチャーの数だけ相手のマナをバウンスします。

盤面次第ですが複数のクリーチャーを手札に戻し、その戻されたクリーチャーを再び出す為のマナも一緒にバウンスしてしまうという何とも厄介かつ強烈な効果を持つ1枚です。

f:id:Quasar_2674:20210331204258j:plain
f:id:Quasar_2674:20210402211727j:plain
f:id:Quasar_2674:20210402211736j:plain

ちなみにこのカードの初収録は

が目玉であるDM-04なので、デュエプレ基準だと第1弾の時点で実装されていてもおかしくなかった訳ですね。おかしいに決まってんだろ。

f:id:Quasar_2674:20210331114532j:plain
f:id:Quasar_2674:20210331113956j:plain
f:id:Quasar_2674:20210331113943j:plain

度重なる上方修正によりクリーチャーのインフレが加速している現在のデュエプレなので、まあこれぐらい強い呪文が来ても良くね?って印象です。ドロマーコントロール復権しないかなぁ。

 

4.《ファントム・ベール》

f:id:Quasar_2674:20210402203904j:image

相手のクリーチャーに可能であれば攻撃する効果を付与します。

f:id:Quasar_2674:20210402205110j:plain
f:id:Quasar_2674:20210402214233j:plain
f:id:Quasar_2674:20210402205120j:plain

場に居続けることに意味があるシステムクリーチャーを無理やり殴らせてブロックしたり、《血風戦攻リドロ》の効果を起動させるトリガーにしたりと色々面白い使い方ができます。

現状デュエプレで強制的に攻撃を行わせるカードは実用的なものがあまり無いので、今までのデュエプレには無かった動きができそうかなと。

 

5.《ストームジャベリン・ワイバーン

f:id:Quasar_2674:20210331205606j:image

盾を割ることができませんが4マナでパワー7000と優秀なスタッツを持ち、光か水のクリーチャーであればタップされていなくても攻撃できる効果を持っています。

「シールドブレイクできないの?ざこじゃん!」と考えがちな脳筋小学生は強さを理解しづらいカードですね(偏見)。こいつをポンと置いておくだけでパワー7000未満のクリーチャーは迂闊に殴りに行けなくなります。

  • 《連珠の精霊アガピトス》
  • 《悪魔聖霊アウゼス》

等に関してはつっ立ってるだけで死にます。

f:id:Quasar_2674:20210331211228j:plain
f:id:Quasar_2674:20210331211238j:plain

似たような性能をしたカードは他にも複数存在しましたが、いずれもデュエプレでは未実装。一応《ブルーレイザー・ビートル》が立ち位置としては同じ感じはしますが……。コントロールデッキが強くなり過ぎることを危惧したんでしょうか?

f:id:Quasar_2674:20210331205606j:plain
f:id:Quasar_2674:20210331212414j:plain
f:id:Quasar_2674:20210331212423j:plain

それにしても紙のデュエマ・デュエプレ共に初期はワイバーンが強かったですねー。なんか感慨深いです。

 

6.《聖剣炎獣バーレスク

f:id:Quasar_2674:20210331212851j:image

アーマードワイバーンの進化で、盾を割った時に追加ターンを獲得する効果とターン終了時に手札に戻るデメリット効果を持ちます。

某無双竜機氏の面影が強すぎて忘れられがちですが、こっちが元祖EXターン付与効果持ちのクリーチャーです。当時はオンリーワンだったその能力に魅せられた人は多く、たくさんのプレイヤーに愛されたカードでした。結局ただのロマン砲でしかなかったんですけどね。デュエプレでリメイクされて帰ってこないかなあ。

 

7.《魔天降臨》

f:id:Quasar_2674:20210402205617j:image

全てのプレイヤーが手札とマナゾーンのカードを入れ替えるという豪快な効果を持っています。

当然、相手がハンドレスの状態で使えばマナゾーンに置けるカードが無いので全ランデス(0マナ)になります。相手のリソースを枯らすコントロールデッキの強力な切り札ですね。

f:id:Quasar_2674:20210402210209j:plain
f:id:Quasar_2674:20210402211753j:plain

このカードの初収録はあの悪名高い《無双竜機ボルバルザーク》が表紙を飾るDM-10、つまり第10弾なんですが……

f:id:Quasar_2674:20210402211810j:plain
f:id:Quasar_2674:20210402211802j:plain

このパック他にも数々のぶっ壊れを排出し続けたことで有名なんですよ。《魔天降臨》も非常に高いカードパワーを誇りますが、そいつらと比べたら全然良カードの部類です。まあデュエプレに実装されるとしたらSRになるかな?というか7、8コスぐらいに弱体化されそうですね。

 



 

 

f:id:Quasar_2674:20210402211908j:plain
f:id:Quasar_2674:20210402211858j:plain
f:id:Quasar_2674:20210402211919j:plain

いかがだったでしょうか?4月のどこかで8弾EXカードパック「覇竜咆哮」がリリースされるという情報が来ているので、もしかしたらこの辺りのカードが実装されるかもしれませんね。どんな性能に魔改造されるのかとっても楽しみです。

ではまた次回の記事で!|ω゚)ノシ

【デュエプレ】新制限・各カード性能調整について


f:id:Quasar_2674:20210323180535j:image

 

 

 

おはこんばんちは。クーです。

最近ソシャゲ触る時間があまりとれてなかったんですが、ちょっと面白そうなニュースが舞い込んできました。これは久々に筆(キーボード)を取るしかないということで、ちょっとした小話程度に言いたいこと言っていきたいと思いますよー。

 

新殿堂カードの指定

f:id:Quasar_2674:20210323181303j:image

3月25日に行われるメンテナンス後より、《ストリーミング・ビジョン》が2枚目のDP殿堂カードに指定されることになりました。

恐らくユーザーの大半が同じ意見を持ったと思いますが、

「なんで???」

って感想がまず最初に出てくると思います。だって1枚目の殿堂がこいつですからね。

f:id:Quasar_2674:20210323182038j:image

猛威を振るったのは主に4弾環境ですかね。「5c天門」と「除去ボルバル」というコントロール二大巨頭の最強フィニッシャーとして大いに活躍しました。正直この時期はラダー潜る度にこいつの顔を見てた気がします。

それと比較するとどうしてもインパクトが薄いような気がしますね。

f:id:Quasar_2674:20210323190303j:image

じゃあなんで規制されたん?っていう話ですが、個人的に思うのはこのカードを使う青単(t白)ツヴァイというデッキが多くのユーザーのヘイトを集めているのではないか?ということです。

デュエプレ版《クリスタル・ツヴァイランサー》は条件さえ満たせばノーコストで召喚できるという効果ゆえに、基本的に「引けば引くだけ強い」というカードデザインになっています。

なので極端な話、4〜5ターン目にツヴァイが4体並ぼうものなら対戦相手からしてみれば「うわー上振れだよ、しょうもねぇ〜」ってなる訳ですね。ツヴァイを確定でハンドインできる青の実用的なカードが無い現状、運の要素が強いと思われがちってことです。

f:id:Quasar_2674:20210323192633j:image

f:id:Quasar_2674:20210323192642j:image

過去に《汽車男》と《ゴースト・タッチ》をセルフハンデスにナーフした経歴も鑑みるに、デュエプレ運営はこういった運の要素が強く絡むカードを好まない印象があります。運営が、というよりユーザー側のその手の苦情が多いのかもしれないですね。

なので《クリスタル・ツヴァイランサー》のデッキの安定感を上げる《ストリーミング・ビジョン》を規制する運びとなったのではないか?と思いました。

 

カード性能の調整
f:id:Quasar_2674:20210323193949j:image

f:id:Quasar_2674:20210323194149j:image

グッジョブだ運営!!

いやこいつ明らかにVRのスペックじゃなかったですもん。Twitterでも呟きましたけど破壊された直後に残機補充するムーブは流石におかしいやろって思ってたんですよ。

まあ僕はマナ埋める効果を召喚によってバトルゾーンに出した時限定にすればいいんじゃね?って思ってたのでこれはちょっと弱くしすぎじゃね??と思いましたけど、まあとにかくナーフされたのでヨシ!

f:id:Quasar_2674:20210323204705j:image

f:id:Quasar_2674:20210323204717j:image

f:id:Quasar_2674:20210323204728j:image

 

他のカードの調整内容に関しても概ね納得がいくものでした。《アルグロス・クリューソス》くんは後輩がイキイキしてる中で出番あるのかな?って思ったのは言わないことにします。

f:id:Quasar_2674:20210323195741j:image

f:id:Quasar_2674:20210323195813j:image

f:id:Quasar_2674:20210323195750j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:Quasar_2674:20210323195925j:image

いかがだったでしょうか?今回は以前までの記事と比べると文字数少なめのあっさりとした内容になりましたが、もしご意見・感想等ありましたらお気軽にどうぞ。超待ってます。

それではまた次回の記事で!|ω゚)ノシ

 

 

【デュエプレ】8弾環境考察



f:id:Quasar_2674:20210305005957j:image

 

 

 

 

 

 

 


f:id:Quasar_2674:20210305011434j:image

 

f:id:Quasar_2674:20210305011446j:image

f:id:Quasar_2674:20210305011502j:image

なんか前の記事でとんでもないエアプ晒した情弱野郎がいるみたいですね。

f:id:Quasar_2674:20210305011737j:image

 
f:id:Quasar_2674:20210305115725p:plain
f:id:Quasar_2674:20210305115821p:plain


いますねー。強力な3コストの光クリーチャー。いますねぇー。いったい何を見てたんでしょうかねぇー??

 

 

 

 



f:id:Quasar_2674:20210305220648j:image

おはこんばんちは。クーです。

3月に入ってロマネスクカップが開催され、8弾環境の全容も浮き彫りになってきました。

そこで今回はNew Divisionフォーマットで現在台頭しているデッキテーマ、それらから見る現環境の傾向等の考察をしていこうかなと。

とはいえ、環境の変化が非常に激しいことで有名なデュエプレ。この記事を書いている頃には既に別のテーマが頭角を現しているかもしれませんのでそこはご了承ください。あくまで参考程度にお願いします(予防線)。

 

 

 

現環境デッキテーマ

・ドリームメイト

f:id:Quasar_2674:20210308173258j:image

  • 《ジェネラル・クワガタン》
  • 《幻獣竜機ボルパンサー》

等の情報判明時から次期環境での活躍を期待されていたデッキですが、前評判通りにしっかりメタゲームの中核を担っています。

f:id:Quasar_2674:20210308173946j:image

8弾が実装されて間もなくは

  • 《炎霊甲蟲ジャンガルジャン》
  • 《サージェント・クワガタン》
  • 《幻獣竜機ボルパンサー》

等を採用したリース(赤白緑)型のドリームメイトが多く見られた印象でしたが、現在は

  • 《連珠の精霊アガピトス》
  • 《清浄の精霊ウル》
  • 《アクア・サーファー》

等を採用し、受けの強さを重視したトリーヴァ(青白緑)型が主流となっています。《ボルパンサー》の爆発力も魅力的ではありますが、

  • 《独裁者ケンジ・パンダネルラ将軍》
  • 《ジェネラル・クワガタン》

の2体を主力としたビートダウンだけでも現状かなりの脅威になるので、残りの枠を受けに回した構築に落ち着いたみたいですね。組む時はウルと間違えてウルスを入れないように気をつけましょう。

 

 

 

・ゲオルグ天門

f:id:Quasar_2674:20210308184418j:image

《ヘブンズ・ゲート》実装の4弾環境からその存在感を示し続けている、言わずと知れたデッキタイプです。現在は

  • 《アクアン》
  • 《竜極神》

を採用する型と

  • 《プリズム・ブレイン》
  • 《ボルメテウス・サファイア・ドラゴン》 

を採用する型で分かれている印象ですね。

f:id:Quasar_2674:20210308192602j:image

やはり《連珠の精霊アガピトス》の存在が非常に大きく、一緒に出てくる

と合わせて非常に強力な受け性能を誇ります。《超鎧亜キングダム・ゲオルグ》によるカウンターも含め、8弾の新カードによる影響が大きいデッキになりました。

 

 

 

・その他

現環境は上記2テーマのシェア率が高い傾向にありますが、それ以外のテーマだと

等が挙げられます。

f:id:Quasar_2674:20210308204130p:plain
f:id:Quasar_2674:20210308204208p:plain

上3つは7弾環境から活躍しているテーマですが、新弾で《のろいとテラーの贈り物》を得て大幅なアドバンテージを稼ぐことが可能になった除去コントロールも話題になりました。

f:id:Quasar_2674:20210308204158p:plain
f:id:Quasar_2674:20210308204201p:plain
 

ですが提督シリーズによるマッドネス効果でセルフハンデスを逆手に取られてしまうと一転、苦しい展開を強いられることになるのでイマイチ勢力を伸ばせていないイメージですね。やっぱランダムハンデスナーフはいらんかったよ。

 

 

 

 

 

現環境について

f:id:Quasar_2674:20210308210354j:image

7弾環境に引き続き、コントロールよりもビートダウンの殴り合いが展開されやすい傾向にあります。クリーチャーのカードパワーがどんどん上がってきて並のコントロールじゃ制圧しきれません。

f:id:Quasar_2674:20210308215641p:plain
f:id:Quasar_2674:20210308215718p:plain
f:id:Quasar_2674:20210308215719p:plain

そのため、ST(シールド・トリガー)を主とする「受け」を重視するデッキが増えました。前述の環境テーマもそのほとんどが盤面影響力の高いSTを使える光文明を採用しています。

ちなみに、「受け」というのは何もSTに限った話ではありません。8弾では攻めにも受けにも使えるバケモンみたいなスペックのカードが追加されました。

f:id:Quasar_2674:20210308220515j:plain
f:id:Quasar_2674:20210308220549j:plain
f:id:Quasar_2674:20210308220526j:plain

それがこの3枚ですね。《超竜騎神ボルガウルジャック》は出したターンに単体で最大3体ものクリーチャーを屠ることができ、《超鎧亜キングダム・ゲオルグ》はcipの全タップもさることながら味方の手数も増やして一気に盤面を制圧することができます。クラウゼバルキューラ先輩に謝って下さい。

f:id:Quasar_2674:20210308213331j:image

そして極めつけがコイツですね。ゲオルグ天門の節でも触れましたが単体でできることが余りにも多すぎます。

f:id:Quasar_2674:20210308215730p:plain
f:id:Quasar_2674:20210308215715p:plain

《霊騎幻獣ウルコス》を呼び出してマナを伸ばし後続に備えるも良し、《剛勇王機フルメタル・レモン》を出して返しのリーサル(とどめ)を防ぐも良し。というか自身がWブレイカーなのに加えて小型が1匹ついてくるので実質Tブレイカーなんですよ。誰だよマジでコイツ弱いとか言ったの。

f:id:Quasar_2674:20210308221256j:image

この3体に関しては今後も顔を見る機会が多そうです。

とにかく、現環境においては天門以外のコントロールデッキもそこまで台頭しておらず《ボルメテウス・サファイア・ドラゴン》のように盾を焼却してくるフィニッシャーも多くないので、STをはじめとした「受け」はしっかり意識してデッキメイクを行うべきだと思います。

 

 

 

 


f:id:Quasar_2674:20210308222106j:image

いかがだったでしょうか?今の環境をざっくりと知りたい、ランクマッチで勝ちに行くデッキを組みたいといった方々の助けになればいいなと思います。

ではまた次回の記事で|ω゚)ノシ

 

 

 

 

【デュエプレ】「運命の一択」デッキ紹介


f:id:Quasar_2674:20210221214648j:image

このブログで初めてサムネらしきものを作ってみました。文字入れしただけですけど出オチ感が強くて気に入ってます。

 

f:id:Quasar_2674:20210221215224j:image

おはこんばんちは。クーです。

ついに来ましたね新弾!皆さんは新環境を楽しんでいますでしょうか?高レアリティのカードに関してはリリース前に解説記事を書いていたんですが、やっぱり実際に使ってみると良くも悪くも評価が変わるカードがあって面白いですね。あ、過去に投稿した第8弾のVR・SR解説の記事は下記のリンクからどうぞ。まだ読んでないって方はぜひ読んで下さい。もう読んだって方は「ま、まあ別にもう1回読んでやらなくもないけど??」ってデレて下さい。

【デュエプレ】第8弾VR解説 - 雑記過多

【デュエプレ】第8弾SR解説 - 雑記過多

で、本題なんですが。新弾のカードを使ってエキサイティングなデッキを組んでみたので今回はその紹介記事になります。環境トップクラスとは言い難いですが面白い動きができるデッキなのでぜひ一度目を通してみて下さい。ではどうぞー。

 

 

 

デッキコンセプト

f:id:Quasar_2674:20210221231142j:image

プレイヤーY「オレのターン!《雪溶妖精シャーマン・メリッサ》をマナにチャージしてターン終了!」

プレイヤーM「・・・ボクのターン。《ナチュラル・トラップ》をチャージしてエンド」

f:id:Quasar_2674:20210222000757j:image

Y(《ナチュラル・トラップ》か・・・ヤツは一体どんな戦略を仕掛けてくるのか・・・)

Y「オレのターン!ドロー!」

Y(だがどんなデッキで来ようと関係ない。オレはオレの決闘をするだけだ!)

Y「マナをチャージして2コスト!《愛嬌妖精サエポヨ》召喚!」

f:id:Quasar_2674:20210222000933j:image

Y「オレはこれでターンエンド!」

M「ボクのターン。マナをチャージして2コスト、《フェアリー・ライフ》を発動」

f:id:Quasar_2674:20210222001401j:image

M「デッキの上から1枚をマナゾーンへ。ターン終了」

Y「オレのターン!ドロー!」

Y(デッキの切り札である《ダイヤモンド・ブリザード》は引けなかったか。だがMの準備が整う前に・・・ケリをつける!)

Y「マナチャージ!3マナでさらにクリーチャーを召喚しておくぜ!」

M「・・・」

Y「バトルフェイズ!《愛嬌妖精サエポヨ》でシールドをブレイク!!」

M「・・・シールド・トリガーはない」

Y「ならこれでターン終了だ!」

f:id:Quasar_2674:20210222003420j:image

M「ククク・・・Yよ、攻撃したな?

Y「何がおかしい?」

M「残念だな・・・お前が今《愛嬌妖精サエポヨ》で攻撃することが無ければ、このゲーム・・・まだ楽しめたかもしれなかったんだが」

Y「なんだと・・・?」

M「行くぞ・・・!ボクのターン!マナをチャージして4コストを払い!《運命の選択》を発動する!!」

f:id:Quasar_2674:20210222010710j:image

Y「!!」

M「この効果により、デッキから3マナ以下の自然クリーチャー1体をバトルゾーンに出すことができる!来い、《電磁無頼アカシック・サード》!」

f:id:Quasar_2674:20210222004948j:image

Y「《電磁無頼アカシック・サード》・・・!」

Y(あのカードはバトルを行う時、デッキの他のクリーチャーと入れ替わるカード。ヤツのデッキに眠る強力なカードと入れ替わってしまうとまずい事になる・・・!)

f:id:Quasar_2674:20210222010948j:image

Y(だが-召喚したクリーチャーは1ターン待たなければ攻撃に移れない!)

M「それはどうかな・・・Y・・・」

f:id:Quasar_2674:20210222011209j:image

M「《運命の選択》の更なる効果!ボクの手札に火のクリーチャーがあれば、自分のクリーチャー1体に「スピードアタッカー」の能力を与えることができる!!」

Y「なに!?」

f:id:Quasar_2674:20210222011330j:image

Y(あのカードは召喚したクリーチャーに速攻の能力を与え、このターンの攻撃を可能にする!!)

M「当然ボクの手札には火のクリーチャーが存在している!よって《電磁無頼アカシック・サード》はこのターン「スピードアタッカー」を得る!!」

f:id:Quasar_2674:20210222011658j:image

Y(まずい・・・!オレの場には前のターンに攻撃を行ってタップされている《愛嬌妖精サエポヨ》が存在している!このままでは《電磁無頼アカシック・サード》とのバトルが成立し、効果が発動してしまう!!)

M「バトルだ!!《アカシック・サード》で《サエポヨ》を攻撃!!」

f:id:Quasar_2674:20210222011930j:image

Y「!!」

M「この瞬間・・・《アカシック・サード》の効果が発動する・・・!!」

f:id:Quasar_2674:20210222012036j:image

M「これが・・・最強のクリーチャーの姿だ!!

f:id:Quasar_2674:20210222012620j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長い茶番だったぜ……。

はい、というわけで。デッキのコンセプトとしてはこの《運命の選択》で《電磁無頼アカシック・サード》をSAを付与して呼び出し、即座に特攻させて強力なクリーチャーを踏み倒すことにあります。

f:id:Quasar_2674:20210222134001j:image

デッキ内に採用するクリーチャーを限定し、《アカシック・サード》で強力なクリーチャーのみを踏み倒せるようにするデッキは過去にも勿論ありましたが、先に出しておくと《ファントム・バイツ》等で簡単に除去されてしまう、SAにするには《スクランブル・ブースター》を使わなければならないため必要札が増える、等の問題点がありました。

しかし《運命の選択》であればデッキから《アカシック・サード》を呼び出しながらそのままSAを付与して殴らせることができるため、奇襲性能が高く非常に相性が良いです。

後はデッキから入れ替えた強力なクリーチャーで主導権を握り、ゲームを優位に進めていく形になります。

あ、サムネの3ターンサファイアは茶番の方でやりましたが相当都合良くいかないとほぼ無理です。本当にありがとうございました。

次はデッキ解説ですね。

 

 

 

デッキ解説

f:id:Quasar_2674:20210222140412j:image

こちらがデッキレシピになります。《運命の選択》によって呼び出せるのは《アカシック・サード》のみなので「運命の一択」というデッキ名にしました。

ゲーム序盤はマナを伸ばして後続に備えます。対面が積極的に殴ってくるタイプのテーマであれば《運命の選択》でイニシアティブを取りやすいですね。

5〜6マナ圏内から《龍仙ロマネスク》や《G・A・E》を出して動いていきます。それらの上に豊富な進化クリーチャーを重ね、最終的には《ボルメテウス・サファイア・ドラゴン》を投げてゲームエンド・・・といった具合です。

以下が各パーツの解説になります。

 

《フェアリー・ライフ》

《コメット・チャージャー》

f:id:Quasar_2674:20210222144853j:image

初動のマナ加速札です。《運命の選択》が序盤に決まらないのであれば早々にマナを伸ばして展開を作っていきたいので両方とも4枚採用です。

《コメット・チャージャー》は加速のついでに《アクア・ハルフォート》や《鎧兵機サーボルト》、《霊王機エル・カイオウ》等を破壊できるとウマ味ですね。

 

《運命の選択》

《電磁無頼アカシック・サード》

f:id:Quasar_2674:20210222145541j:image

言わずもがな当デッキの主役です。《運命の選択》で出す前提なので、他に青マナは積んでおらず《アカシック・サード》の素出しの機会はほぼありません。青マナ見えない方が相手も《アカシック・サード》を予想しにくいと思いますしね。

相手の場にタップされているクリーチャーが存在している場合であれば基本的に《運命の選択》を投げて特攻します。《アカシック・サード》から出てくるクリーチャーに関しては後述しますが、基本どっちがいつ出ても強いです。

 

龍仙ロマネスク

《ボルメテウス・サファイア・ドラゴン》

f:id:Quasar_2674:20210222152340j:image

アカシック・サード》から出てくる人達です。他は進化クリーチャーとゴッドカードのみなので対象になるのはこの2枚のみです。

サファイア》は説明不要なので割愛。《ロマネスク》に関しても序盤・中盤・終盤いつ出てきても相手と大きくマナ差をつけることができ非常に優位に立てます。デメリットに関しても多く採用している進化クリーチャーを重ねてカバーできるので気になりません。あとは単純に6→10ルートで綺麗に繋がるのでこの2枚自体の相性も良いですね。

 

《G・A・E》

f:id:Quasar_2674:20210222153532j:image

このデッキで使うとガチで強いです。

《G・E・レオパルド》の場合は

《G・A・ペガサス》の場合は

  • 《フェアリー・ライフ》
  • 《運命の選択》
  • ナチュラル・トラップ》

をサーチすることができます。

コントロール対面ではGリンクして選ばれなくなる効果を得るので脅威になりますし、リンク前に除去される危険があるなら2枚目以降の《G・A・E》を用意しておけば相手からするとかなり面倒です。これ1枚で状況に応じて様々なカードを引っ張ってこれるので、アタッカー兼リソース確保要員として非常に優秀です。

 

《超竜騎神ボルガウルジャック》

《超竜ヴァルキリアス》

《超神龍アルグロス・クリューソス》

f:id:Quasar_2674:20210222155035j:image

龍仙ロマネスク》や《G・E・レオパルド》、《G・A・ペガサス》の上に重ねる人達です。

《ボルガウルジャック》、《アルグロス・クリューソス》は盤面制圧力が高いのでビートダウン対面に刺さりますね。後者は前述の通り《G・E・レオパルド》からのサーチが効くので必要な時に持ってくるイメージです。《ヴァルキリアス》はマナから《サファイア》を吊り上げてゲームを決めに行く時に使います。

 

《バリアント・スパーク》

ナチュラル・トラップ》

《地獄スクラッパー》

f:id:Quasar_2674:20210222155848j:image

主な役割としては受け札ですが、《バリアント・スパーク》は《アカシック・サード》特攻の際に相手クリーチャーを横にする役割があったりするので4枚の採用になっています。構築初期の段階では《ナチュラル・トラップ》は入っていませんでしたが、《G・A・ペガサス》の探索範囲を広げるという意味合いで採用しました。

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:Quasar_2674:20210222160531j:image

いかがだったでしょうか?個人的には色々な要素が噛み合った良いデッキに落ち着いたと思います。ルームマッチの際など、友人にちょっとしたドッキリを仕掛けたい時などに使って頂ければと。あ、普通に使ってもそれなりには強いと思います……多分。

では今回はこの辺りで。ここまでの閲覧ありがとうございました!|ω゚)ノシ

 

 

【デュエプレ】第8弾SR解説


f:id:Quasar_2674:20210215143824j:image

 

 


f:id:Quasar_2674:20210215151101j:image

「ゆくぞ…ペガサス!」

「ああ…!今こそ我々の力を一つに!!」

 

「「ゴッド・リンク!!」」

f:id:Quasar_2674:20210215151217j:image

《G・A・E・ペガサス・レオパルド》!!

「「神々の力が一つとなり、パワーは2体の合計の数値!9000となる!!」」


f:id:Quasar_2674:20210215151434j:image

「私達も行くぞ、オルメガス!」

「ああ!私達の真の力を解放する!!」

 

「「ゴッド・リンク!!」」

f:id:Quasar_2674:20210215151558j:image

《炎地武神バルザック・オルメガス》!!

「「パワーは2体の力が合わさり、10000!!」」

 

 


f:id:Quasar_2674:20210215151914j:image

「愚かな…」

「「何!?」」

「なんと矮小な者達よ。二神の力を束ねておきながら、その程度のパワーしか発揮できないとは」

「「貴様何者だ!姿を現せ!!」」

「フッ…いいだろう。これが貴様等では未来永劫届かない「SR」の領域-!」

 

「「ゴッド・リンク!!」」

f:id:Quasar_2674:20210215152244j:image

「「なっ……!?」」

「「馬鹿な……! 21000……だと……!?」」

「「パワー7000のクリーチャー2体のリンクで……己の持つポテンシャル以上の力を引き出している……!!」」

「「フハハハハハハ!!小さき者たちよ!これが力の……否、「レアリティ」の差というものだ!!」」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5000+4000=9000

5000+5000=10000

7000+7000=21000?????

端っこの方にもう1体ぐらいくっついてね??

f:id:Quasar_2674:20210215152939j:image

おはこんばんちは。クーです。

前回に引き続き、デュエプレのカードパック第8弾「極神創世譚」VR・SR解説。今回はSR編です。冒頭で出た「アイツ」を含め、期待してるカードが多いので18日のリリースが待ち遠しいですねぇ。

では早速、イクゾー!

 

 

 

《連珠の精霊アガピトス》

f:id:Quasar_2674:20210215155202j:image

評価︰★★☆☆☆

cipでデッキから3コス以下の光クリーチャー1体を踏み倒し、同条件のクリーチャーが場に出た時に敵軍の最小パワーのクリーチャー1体をタップする効果を持っています。

「3以下かぁー!!」というのが率直な感想です。これ4以下だったら《光輪の精霊 ピカリエ》とか《聖騎士ヴォイジャー》とか出せたしめっちゃ強かっただろうなぁー!!でも流石に許されないかぁー!!といった具合です。

単純に1枚が2枚になるのは強いんですが、難しいのがこいつを採用するということはデッキに3コス以下の光クリーチャーを積まなきゃいけないって事なんですよね。まあ当たり前ですけど。効果的にはコントロール向きなんですが、コントロールならあまり低コストのカードパワーが低いクリーチャーを入れたくないんですよ。後半に弱くなってしまうので。そういった点から効果とデッキタイプの噛み合いが悪い1枚です。ですが今後、単体で強力な3コストの光クリーチャーが実装されれば輝く可能性は十分にあると思います。

 

《魔刻の斬将オルゼキア》f:id:Quasar_2674:20210215161443j:image

f:id:Quasar_2674:20210215202018j:image

評価︰★★★★★

KAKKOEEEEEEEEEEEEEEEE!!!!!!!!!!!!

PVで見た時にはテンションぶち上げでしたね。僕の小学生時代のヒーローでした。

登場時に自身のクリーチャー1体、相手のクリーチャー2体を破壊します。《地獄の門番 デスモーリー》の強化版みたいな効果ですね。

破壊するのは当然こいつ自身でも構いません。これ1枚から大型小型関係なく即時に2体葬ることができるという非常に凶悪なコントロール性能を誇ります。黒を含むコントロールである時点で採用の可能性が十分にあります。自壊した直後に《覚醒のタンザナイト》で墓地から回収……なんて事をやらかした日には間違いなく友達なくすので気をつけましょう。大型がバンバン出てくる「スタートチャージ10」のSPマッチ等でも大活躍しそうですね。

 

《超神星ビッグバン・アナスタシス》

f:id:Quasar_2674:20210215163314j:image

評価︰★★☆☆☆

ドリームメイト・アークセラフィム・ドラゴンのいずれか3体の上に重ねる進化GV(ギャラクシー・ボルテックス)獣です。攻撃時メテオバーン効果でデッキからランダムなクリーチャーを可能な限り場に出します。《アポカリプス・デイ》で世界が終わります。自軍全体にSAを付与する《紅神龍ジャガルザー》等とは相性が良さそうですね。

個人的には現在のカードプールで出して楽しそうなカード第1位ではありますが、次期環境で通用するかと言われるとちょっと厳しいかなというのが本音です。デッキから呼び出すクリーチャーはランダムに選出されるのでどうしても上振れと下振れの差がありますし、他のGV獣と比較するとやはりコストが重いので召喚には手間がかかります。ドラゴンを中心に組むなら《超神星アポロヌス・ドラゲリオン》の突破力には敵いませんし、ドリームメイトを中心にして使うにしても《独裁者ケンジ・パンダネルラ将軍》の方が圧倒的に安定します。なので消去法で行くとアークセラフィムで使う事になる……んですかね……?なんにせよラダーよりカジュアルマッチでロマン寄りに使った方が面白そうなカードだと思います。

 

《超神星ネプチューン・シュトローム

f:id:Quasar_2674:20210215165329j:image

評価︰★★★☆☆

こちらはグランドデビル・デーモンコマンド・エンジェルコマンドいずれか3体を進化元とする進化GVです。攻撃時メテオバーン効果で相手の場のクリーチャー全てを持ち主のデッキに戻します。デーモンコマンドとエンジェルコマンドからも進化が可能ですが、正直こいつ出すなら《悪魔神ドルバロム》・《聖霊王アルファディオス》の方が1体から進化できますし制圧力が段違いなので、グランドデビルを中心としたデッキでの運用が基本になるかなとは思います。

対象を取らない全体デッキバウンスという、超神星の名に恥じないデュエプレ史上最強の除去効果を持っています。《神滅竜騎ガルザーク》の除去効果も発動しませんし《黒神グールジェネレイド》も墓地から出ませんし《超神星アポロヌス・ドラゲリオン》も《光器ペトローバ》も何事も無かったかのように帰っていきます。

盤面干渉能力だけで言うなら進化GVの中でもトップクラスですが、7弾の超神星3種と比較すると場持ちは良くありません。《デーモン・ハンド》1枚で進化元3枚+自身1枚の4枚分のアドバンテージを失ってしまう点には注意しましょう。

 

《幻獣竜機ボルパンサー》

f:id:Quasar_2674:20210215195821j:image

評価︰★★★★★

SA持ちのパワードブレイカーで、攻撃中に他のドラゴンとドリームメイト1体につきパワーが3000上がります。5体以上存在する場合は自身のパワー未満のクリーチャーを全て破壊します。

自身を含め6体以上のドラゴンとドリームメイトが並ぶ展開はほぼ無いので後半の効果はおまけ程度です。《超神星ビッグバン・アナスタシス》の効果で他のドリームメイト・ドラゴン達と一緒に出た場合はゲームエンド級の殲滅力を持ちますね。

後半の効果を抜きにしても5コスのSA持ちで実質Wブレイカーと考えるとそれだけで破格のアタッカー性能です。パンダが殴る時にひょいっと出てきただけで即時4打点生まれてるのは普通にバグです。

先日行われた公式大会である第3回バトルアリーナでは赤抜きの、トリガー枠を厚くしてカウンター性能を高めたトリーヴァ(青白緑)ドリームメイトが結果を残していましたが、このカードの登場により再び赤を採用する理由が強くなったかもしれません。ただパワーの上昇は攻撃中のみなので打たれ弱い点には注意しましょう。

 

《極仙龍バイオレンス・サンダー》

f:id:Quasar_2674:20210215202150j:image

評価︰★★★★☆

多色またはドラゴンを素材とする進化クリーチャーで、攻撃時3ドロー+3ハンデス+9000以下のクリーチャー1体を破壊します。

絵に書いたような高コスト高パフォーマンスのカードですね。出して殴りさえすれば膨大なアドバンテージを得ることができます。主にコントロールのフィニッシャーとしての活躍が期待されており、《ボルメテウス・サファイア・ドラゴン》とどちらを採用するかどうかで意見が分かれると思います。お互いを比較した長所・短所を挙げておくと、

《ボルメテウス・サファイア・ドラゴン》

  • 進化元を用意する必要が無い
  • 盾を焼却できるのでSTの心配が無い
  • 《アクア・リバイバー》等の耐久力が高いブロッカーが若干苦手
  • 返しの除去札が痛め

《極仙龍バイオレンス・サンダー》

  • 進化元を用意する必要がある
  • 盾を焼却はできないのでSTの危険が孕む
  • 《悪魔聖霊アウゼス》《悪魔聖霊バルホルス》等の厄介な置物をどかしながら殴りに行ける
  • 殴った時点で大幅なアドを生むので返しに除去されてもリソースの差で優位に立てる

といった感じでしょうか?しっかり差別化は取れているのでデッキ内容と相談ですかね。

 

《無双竜機ボルグレス・バーズ》

f:id:Quasar_2674:20210215204303j:image

評価︰★★☆☆☆

登場時マナのドラゴンとフェニックスを全て手札に回収し、その数だけマナを加速します。

ドラゴンデッキで不足しがちなアドバンテージを即座に回収し、器用な立ち回りをすることができるクリーチャーです。ゲーム序盤にマナに埋めた《無双竜機ボルバルザーク》等の高コストのドラゴンを後半に全て回収することができるので非常に理にかなった動きができます。効果としては申し分ないぐらい優秀なんですが、こいつを採用したドラゴンデッキが次期環境で台頭するのか?というのは思いました。7弾環境で活躍した「カチュアシュート」のメインパーツとなる《幻想妖精カチュア》がNew Division環境からはスタン落ちするのも痛いですね。スペックはそれなりなんですが周囲の環境に恵まれないカードかもしれません。

 

《超鎧亜キングダム・ゲオルグ

f:id:Quasar_2674:20210215205933j:image

評価︰★★★★★

多色クリーチャーの進化で、cipで敵軍全タップ、攻撃時に自軍全アンタップの効果を持ちます。Twitterで乳首からビーム出てるって言われてて爆笑しました。

f:id:Quasar_2674:20210215211332j:image

前世から何があったん?ってレベルで強化されました。コントロール性能と攻撃性能を兼ね備えた8弾でも屈指のカードパワーを持つ1枚と言えます。《悪魔聖霊アウゼス》と並べるといとも簡単に相手の場が焼け野原と化します。攻撃時に自分のクリーチャーを全てアンタップする効果ですが、欲張って他のクリーチャー全員で殴ってからこいつで殴ろうとすると自身が攻撃する前にトリガーで除去される可能性があるので、盾を割る順番は考えたい所ですね。

 

龍仙ロマネスク

f:id:Quasar_2674:20210215223519j:image

f:id:Quasar_2674:20210215223547j:image

評価︰★★★★★

TCGプレイヤーであれば多くの人が知っているであろうクリーチャーですね。cipで4枚ものカードをマナに埋める、分かりやすいパワーカードです。自ターン終了時にランダムなセルフランデスを伴うデメリット効果が存在しますが、前述の《極仙龍バイオレンス・サンダー》や《超鎧亜キングダム・ゲオルグ》に進化させる、または《魔刻の斬将オルゼキア》のコストとして破壊する等すれば回避することが可能です。

白を含むブロッカーということで、真っ先に思い当たる就職先としてはやはり5c天門が該当しますね。即座に10マナ圏内に到達することができるので《悪魔聖霊バルホルス》や《血風聖霊ザーディア》、《ボルメテウス・サファイア・ドラゴン》といった大型をブン投げてワッショイすることができます。また、3色ということもあり色基盤としても優秀です。天門で不足しがちな赤と緑をこれ1枚で供給できる点もgoodですね。

恐らく長い間使われることになるであろう、8弾のトップレアと言っていい1枚です。

 

《竜極神ゲキ / 竜極神メツ》

f:id:Quasar_2674:20210215225404j:image

f:id:Quasar_2674:20210215225440j:image

評価:★★★★★

いよいよ最後の1枚ですね。8弾の看板カードとも言える二神です。《竜極神ゲキ》は登場時4コス以下のリアニメイトとブロックされた時の全ハンデス効果、《竜極神メツ》は登場時に敵軍の2000以下を全て、ブロックされなかった時に6000以下を1体破壊する効果を持っています。

f:id:Quasar_2674:20210215225913j:image

リンクして《竜極神ゲキメツ》になると、二神の既存の能力に加えて攻撃時に2枚ランデスの効果を得ます。

強いことしか書いてません。《竜極神ゲキ》は墓地からの蘇生とはいえ《連珠の精霊アガピトス》の時に話した「これ4コス以下だったら強かったなぁー!!」をやってしまっているので強いに決まってます。《解体人形ジェニー》や《ボルシャック・バディ・ドラゴン》等、cipでアドが稼げるクリーチャーを蘇生すれば実質2アド取れてしまうんですよ。《竜極神メツ》もcipで小型の全体除去を持っているので邪魔なウィニーのお掃除に最適です。リアニメイトか全体除去か。どちらか選んで出せるなんて贅沢な時代になったもんですね。

しかもここまでが序章です。このカードの真価は圧倒的なまでの攻撃性能にあります。

リンクすればパワー21000とサファイアもびっくりな超火力を持っているので、たとえフルパワーの《剛撃聖霊エリクシア》であろうが上からブン殴れます。ブロックすれば全ハンデス、ブロックしなければ1体破壊&4枚ブレイク。あ、どっちにしてもマナは2枚削られますよ。じゃあどうしろっちゅうねん。

ここまで長々と書き連ねてしまいましたが、簡単に言うとこういうことです。

 

 


f:id:Quasar_2674:20210215233735j:image

f:id:Quasar_2674:20210215234115j:image

とっても強いですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:Quasar_2674:20210215234644j:image

いかがだったでしょうか?「間違いなくこいつはやべぇ」ってカードもあれば「こいつは実際のとこどうなんだろ?」ってカードもあったりするので8弾環境が非常に楽しみですね。

ここまでの閲覧ありがとうございました!良ければコメント等いただけると嬉しいです!ではまた次の記事で|ω゚)ノシ